在宅介護

要介護5の状態とは?自宅で介護は無理!?

要介護5で認知症のお母様を自宅で介護をスタートしてから2年の娘さんから介護のストレスからか身体の不調が激しく「鍼灸とマッサージ」を娘さんにも施術をお願いしたいと話がありました。こちらのご家族は週2回のデイサービスと平日は訪問介護も利用されています。それでもお母様に費やす時間が予想よりも多くて大変だということでした。

要介護5の状態で自宅での介護はご家族と身内には心身ともに大きなストレスがかかるようです。

>>要介護3の状態とは? 在宅で介護する際の 注意点2つはこちらの記事をぜひお読みください

要介護5の状態

要介護5の状態は食事、排せつ、入浴といった日常生活全般において全面的な介助が必要であることが基準になります。要介護4とほぼ同じです。違いはというと寝たきりの状態であり尚且つ意思疎通が完全に不能な高齢者が該当となるケースが多いようです。

認知症の進行度も介護度を認定する際に重要な判断材料になります。要介護5の状態ですと自力動作が困難なため、認知症にありがちな徘徊の心配はしなくて良さそうです。

要介護5での自宅介護は無理なのか

要介護5でも自宅で介護はできないことはないです。実際に介護されているご家庭もあります。しかし多くの要介護5のみなさまが、介護施設や病院などで生活しています。

要介護5では、日常生活全般で介護が必要になります。家族や身内の負担は想像以上に大きいものになります。家族や身内の方々の仕事の両立が難しくなってしまうことも少なくありません。

さらに要介護5では経管栄養や酸素療法などを必要とするケースがかなりの割合を占めます。このように医療ケアが欠かせない状態ですと自宅での介護はかなり難易度をあげて家族や身内の負担が大きくなります。

結論は要介護5での自宅介護は無理ではないですが家族や身内が相当な決意と時間をとらないと厳しいと言わざるを得ません。

要介護5 限度額

要介護5の月額の限度額は約36万円。自己負担1割ですと約3万6千円が毎月の支出となります。

まとめ

我々訪問鍼灸マッサージの現場で垣間見る介護の現場で感じることがあります。それはご家族や身内の方が限界を感じる前に介護サービスの見直しや介護施設への入居を真剣に考えてみることだと思います。自宅で介護してあげることにあまり執着せずに地域のいろいろなサービスを利用することでゆとりを作ることが介護をすこしうまくやる秘訣だと思います。

在宅介護の現状は?メリットとデメリットは?

helper

Photo by DEVN on Unsplash

在宅介護の現状は?在宅介護のメリットとデメリットは?これは訪問先の患者さんやご家族からよく聞く話です。実際に介護が始まるとゴールが見えない生活が始まります。いかに介護される本人とご家族が健やかに過ごせるかを大一番に考えて決めていって欲しい思います。介護について迷ったときはぜひ地域包括支援センターで相談することをおすすめします。

在宅介護の現状は?

慢性的な人手不足、特養(特別養護老人ホーム)入居するには順番となりすぐに入れるという訳でもありません。昨今のニュースを賑わす施設での虐待や介護殺人など。あまりよいニュースがないのが現状です。

2025年には 65歳以上の高齢者数は3,657万人となります。2042年にはピークを迎える予測では3,878万人。また、75歳以上の後期高齢者数も増加していきます。2025年に2000万人を超えます。更に75歳以上の後期高齢者は2055年には全人口に占める割合は25%を超える見込みが伝えられています。

国の調査によると老後はできるだけ在宅で必要になれば医療機関等を利用したい人数は割合は6割以上に昇ります。要介護状態になっても、自宅で在宅での介護を希望する人が4割を超えます。

在宅介護のメリットは?

在宅介護のメリットとして要介護の状態に合わせて訪問介護サービスやデイサービスなどの介護サービスを選択できます。

在宅介護のもう一つのメリットとして在宅介護なら施設入居よりも費用が安く済みます。 老人ホームなどの介護施設に入る場合は入居費用や月額料金といった毎月継続的にかかる金銭的負担が大きいです。

在宅介護でも自宅がバリアフリーなどになっていない場合も含め手すりなどの設備を新たに設置する必要はあります。このようなことを踏まえても老人ホームなどの施設に入り介護を受ける場合に比べれて大幅に費用を安く抑えることができます。

在宅介護のデメリットは?

在宅介護のデメリットは家族や身内の負担が大きくなることです。 介護はゴールが見えません。介護する期間が長期に及ぶほど心身のストレスは計り知れません。

家族ができることには時間を考えても限界があります。在宅介護の場合でもデイサービス行くことや訪問介護のヘルパーを入れること積極的に行う必要があります。 介護は仕事ではありません。また介護に休みもありません。在宅介護をする場合は介護者が家にいる限り家族や身内が介護をし続けるという現実があります。

さらに介護業界の人手不足の問題もあり利用したい介護サービスを必要な時にサービスを希望どおり受けられないということも現場では実際に発生しています。

まとめ

2015年から訪問による鍼灸マッサージのチームをスタートさせてから地域で少しずつ知っていただけるようになったため訪問の件数が上がってきています。しかしながらほとんどが11時から15時までの間のサービス提供を希望されていることもあり、ご希望通りにサービス提供をできなくなって来ております。鍼灸師やあん摩マッサージ指圧師の皆様もぜひ訪問による施術サービスを検討してほしいです。必要とされています。

在宅介護の現場でよりよい生活を送れるように鍼灸師やあん摩マッサージ指圧師ができることがあります。

お気軽にお問い合わせください。

↓↓↓お問い合わせはこちらから

    寝たきりの家族を自宅で介護する際の注意するべき6ポイント

    せいじょう鍼灸マッサージ院の草野です。

    先日、脳腫瘍除去術後左半身麻痺不随の女性のお宅に伺っていた時のことでした。最近、床ずれができてお尻がいたくて座っていられないの。という訴えでした。最近ではベッドのマットもかなり品質が向上してきているので少なくなってはきています。それでも、一度床ずれができると本当に辛いのは状況からもよくわかります。

    寝たきりの家族を自宅で介護する際の注意するべき6ポイントについてメモしておきます

    床ずれ・褥瘡(じょくそう)

    「床ずれ」や「褥瘡」は次のようねケースに多くおこります。寝たきりの方で自力で身体を動かし姿勢・体勢を変えたりすることが困難なケースです。身体を動かさない状態でおなじ姿勢が続くと、身体にかかる圧力が集中して、血行不全と周辺組織の壊死が起きてしまうからです。他にも認知症や麻痺(まひ)のある方にも多くみられます。

    排泄

     

    寝たきりの方で自力で身体を動かしたり歩行困難な方はトイレまで行って排泄を行うことがしにくくなります。多くの方は専用のトイレやおむつなどを使用します。

    介護する側が身体を抱え持ち上げたりする際に負荷がかかるので、介護する側の大きな負担になります。排泄は被介護者の精神面はもちろんのこと尊厳にも関わりますから介護する側も思った以上にストレスを抱えてしまいます。

    被介護者の身体および生活環境の清潔保持

    寝たきりの方は結果的に全身入浴の回数や着替えの回数が少なくなります。結果的に身体および生活環境の清潔を保持に工夫が必要になります。全身入浴が難しい場合は清潔を維持するために訪問入浴 サービスやデイサービスで入浴などを利用することも寝たきりの方を介護する際の大切なポイントです。

    運動器障害

    筋萎縮(きんいしゅく)、関節拘縮(かんせつこうしゅく)、骨萎縮(こついしゅく)が起こり身体能力の低下し日常生活に支障をきたす状態です。歩行困難なケースも多くなります。訪問鍼灸マッサージの対象でもあります。

    循環・呼吸器障害

    起立性低血圧(ふらつき)、誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)、心機能低下、血栓塞栓症など。

    自律神経・精神障害

    うつ状態、せん妄、圧迫性末梢神経障害(まひ)、見当識障害(場所や日時などが認識できない)など

    まとめ

    上述の注意するべき6ポイント以外にも、逆流性食道炎や、尿路結石・膀胱炎などの内臓・免疫機能の低下などのケースも考えられます。寝たきりの家族を自宅で介護する際は注意すべき点を事前に知っておき準備しておくことが重要です。

    在宅介護の現場でよりよい生活を送れるように鍼灸師やあん摩マッサージ指圧師ができることがあります。

    お気軽にお問い合わせください。

    ↓↓↓お問い合わせはこちらから

      要介護3の状態とは?在宅で介護する際の注意点2つ

      Photo by Sand Crain on Unsplash

      訪問鍼灸マッサージで患者さんのお宅へ伺った際に一番気になるのが患者さんの週間スケジュールです。介護保険のサービスである訪問介護、訪問診療、訪問リハなどが入っているのでその中で空いている時間を我々鍼灸師やあん摩マッサージ指圧師が伺うのです。
      さて介護は昨今の超高齢化社会で本当によく聞くキーワードになってきました。しかし反面少数ではありますが必要な人に情報が入っておらず介護保険も使わずに全て自力で介護していたなんて話もあります。

      税理士さんたちに『どうして教えてくれなかったんですか』と聞いたら、『有名なかたに言うのは失礼かと思って』と言われて…(苦笑)。階段の手すりの設置から介護ベッドやトイレの手すりまで、こんなものにも保険サービスが使えるのかと驚きました」(政宏)介護失敗談

      このようなことが無いように介護が必要なご家族がいる場合はその状態の把握と相談する場所を知っておくことが重要です。

      要介護3の状態

      我々のサービスは医療保険を使った鍼灸・あん摩マッサージです。患者さんのお宅に伺って施術サービスを行います。その際に一番多い患者さんが要介護3の状態の患者さんです。

      要介護3の状態は立ち上がり動作や歩行などを自力による動作が困難です。日常生活を営んで行く上で常時誰かの支援・サポートや見守りが必要ですから割と大変です。

      具体的には、以下のような状態です。

      – 服の脱衣や部屋の掃除などを単独ではできない
      – 片足での立位保持や階段の昇降など複数の動作をを単独ではできない
      – 歩行器や車椅子を利用しなければ行動できない
      – 排泄や入浴に介助サポートが必要な状態
      – 問題行動、理解低下などがみら日常生活に支障をきたす場面があること

      日常生活には支障の無い身体の状態でも認知症を患っている場合は少し異なります。認知症による徘徊や妄想、大声を出すといった問題行動があり日常生活に支障をきたしている場合です。この場合も要介護3の判定になることが多くなっていると聞きます。

      在宅で介護する際の注意点2つ

      要介護3の状態になると常時介護が必要となります。介護者への負担が増えます。負担が多くなり続けると在宅介護を続けることが難しく感じる様になります。在宅介護の次のステップで施設への入所を考える家族も多くいます。

      要介護3の場合に介護サービスを利用する際に支給される限度額は月額約27万円前後です。この支給される限度額から原則1割(所得に応じて2〜3割)が自己負担額として支出します。

      注意点その1在宅介護に対応できるようリフォームが必要になる

      老人ホームなどの入居型介護施設は初めから介護目的であるため介護設備やバリアフリー設備が整っています。しかし在宅介護をすると決まった時点では自宅の形状がバリアフリーになっていないことも多いです。その場合リフォームが必要になることがあります。

      注意点その2要介護者や家族が拒否反応を起こすことも

      在宅介護では訪問介護はほとんどの家庭で利用します。自宅にヘルパーなどの外部の人が来ることに対して特に要介護者が拒否反応を示す場合があります。自宅に知らない人が出入りすることが要介護者にとってストレスになることも多くあります。事前の話し合いがとても重要です。

      相談は公的な窓口「地域包括支援センター」を利用しましょう。

      在宅介護はもちろんのこと介護にまつわる悩みや問題を抱えた場合はすぐに相談に乗ってもらえる公的な窓口を調べておきましょう。

      介護にまつわる相談は「地域包括支援センター」や「社会福祉協議会」が相談に乗ってくれます。介護サービスに関する様々な相談や日常生活での困り事の相談など気軽に相談に乗ってもらえます。

      世田谷区の地域包括支援センター

      砧地域

      祖師谷あんしんすこやかセンター(祖師谷、千歳台1・2)

      成城あんしんすこやかセンター(成城)

      船橋あんしんすこやかセンター(船橋、千歳台3~6)

      喜多見あんしんすこやかセンター(喜多見、宇奈根、鎌田)

       

      砧あんしんすこやかセンター(岡本、大蔵、砧、砧公園)

      烏山地域

      上北沢あんしんすこやかセンター(上北沢、八幡山)

      上祖師谷あんしんすこやかセンター(上祖師谷、粕谷)

      烏山あんしんすこやかセンター(給田、南烏山、北烏山)

      世田谷地域

      池尻あんしんすこやかセンター(池尻1~3、池尻4(1~32番)、三宿)

      太子堂あんしんすこやかセンター(太子堂、三軒茶屋1)

      若林あんしんすこやかセンター(若林、三軒茶屋2)

      上町あんしんすこやかセンター(世田谷、桜、弦巻)

      経堂あんしんすこやかセンター(宮坂、桜丘、経堂)

      下馬あんしんすこやかセンター(下馬、野沢)

      上馬あんしんすこやかセンター(上馬、駒沢1・2)

      北沢地域

      梅丘あんしんすこやかセンター(代田1~3、梅丘、豪徳寺)

      代沢あんしんすこやかセンター(代沢、池尻4(33~39番))

      新代田あんしんすこやかセンター(代田4~6、羽根木、大原)

      北沢あんしんすこやかセンター(北沢)

      松原あんしんすこやかセンター(松原)

      松沢あんしんすこやかセンター(赤堤、桜上水)

      玉川地域

      奥沢あんしんすこやかセンター(東玉川、奥沢1~3)

      九品仏あんしんすこやかセンター(玉川田園調布、奥沢4~8)

      等々力あんしんすこやかセンター(玉堤、等々力、尾山台)

      上野毛あんしんすこやかセンター(上野毛、野毛、中町)

      用賀あんしんすこやかセンター(上用賀、用賀、玉川台)

      二子玉川あんしんすこやかセンター(玉川、瀬田)

      深沢あんしんすこやかセンター(駒沢3~5、駒沢公園、新町、桜新町、深沢)

      まとめ

      超高齢化社会。これからくわえてコロナウィルス感染症拡大も社会に大きな影響を与えます。2020年は終わりますがまだまだ来年2021年もこの問題は続きます。どうやって乗り越えていくか。それを鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師も考えて貢献していきましょう。

      在宅介護の現場でよりよい生活を送れるように鍼灸師やあん摩マッサージ指圧師ができることがあります。

      お気軽にお問い合わせください。

      ↓↓↓お問い合わせはこちらから

        在宅介護で利用者と家族の良好な時間を増やす3つのポイント!

        在宅介護

        Photo by Mykyta Martynenko on Unsplash

        本日は在宅介護で利用者と家族の良好な時間を増やす3つのポイントについてお伝えいたします。なぜお伝えしようかと思ったかというと先日こんなことがありました。

        今日はご飯の準備ができなくて。

        今日はご飯の準備ができなくて。

        私が訪問先の患者さんのお宅に伺って帰るときにご家族の娘さんから言われた一言でした。

         

        あららどうしたんですか?

        と思わず聞き返してしまいました。その方はいつも歩行困難なお父さんのために通いで介護や日常生活のお手伝いに来ている方でした。

         

        お父さんのためになるべく買ってきたものではなく手作りの食事を食べさせてあげていたのですが今日はどうにもこうにも自分の身体がゆうこときかなくて。と。

         

        私は言いました。次まで時間があるので何か買ってきましょうか?とお願いしますと言われましたのでちかくのスーパーでお父さんが好きそうなお弁当を買って戻り終わりました。

        利用者と家族の良好な時間を増やす3つのポイント

        ポイント1:なんでもかんでも自分たち家族だけでやろうとしないことです。

        なんでもかんでも自分たち家族だけでやろうとしないことです。それをしてしまうとまずは介護する側の家族が滅入ってしまいます。なぜかというと本当に時間が無くなってしまうからです。親のためと思い真摯に向き合うことは重要なことです。しかし、そればっかりなってしまうとだんだんとストレスがたまりぶつけるところがなくなりイライラが最大限になってしまいます。そんな家庭を多くみています。まずは家族が自分たちのプライベートな時間を確保することをおすすめします。

         

        ポイント2 :他人に任せられないという考えをなくすことです。

        他人に任せられないという考えをなくすことです。今までお世話になった親のためにやれることはやってあげたいという強い思いからどうしても他人に任せていられないという思いが強くなります。そうなってしまうと、○○しなければならない、○○するべきだという考えにとらわれてしまい全て自分たち家族で管理しないと気が済まない状態になってしまいます。そうなると必要な時に介護のサービスを使うときにちゃんとやってくれるだろうか・あの人で大丈夫だろうかと不安ばかりがつきまとい結果的に心身疲れ果てます。何のための介護サービスなのか分からなくなってしまいます。

        ポイント3:時間は24時間しかないということを改めて理解することです。

        時間は24時間しかないということを改めて理解することです。もし仕事を抱えている場合24時間介護してあげられますか?もし子どもがまだ手がかかる場合24時間介護してあげられますか?もし友人・知人からお茶やランチは行かないのですか?そうです。決して24時間まるまる介護に使える訳ではないのです。しかし、真面目な人ほど寝食を忘れ介護に没頭するという人もいるのです。

         

        それは大袈裟でしょうとあなたはこれを読んで思ったかも知れません。しかしそれが現実です。自分が自分らしくいるために、そして何より気持ちよく介護してあげるためにも自分・家族の時間を確保することが重要なのです。その時間を確保するために介護サービスを積極的に使うのはよいことなのです。

        上記の3つのポイントを踏まえご家族にアドバイスしました

        今の状況では食事を作ってあげるのは週に1回か2週に1回で充分ですよとお伝えしました。作り置きとうまく配食サービスのいわゆる配達のお弁当を使えばもっと楽になりますよとお伝えしました。栄養面が心配だということでしたので健康に配慮した配食サービスはたくさんあるので予算に応じて使うようにおすすめしました。

        結果的にこれがよかったそうで通いの時間も減ったし、お父さんに悪いかなと思っていたそうですが聞いてみたら意外に美味しいし届けてくれるから楽だよと言われたそうです。良かったなと思います。

        まとめ

        人の助けを借りることを真面目な人ほど悪いと思いがちなようなのですね。今回のご家族のケースは娘さん自身が難病の治療をしており(外見からはわかりません)食事制限もありできるだけ口にいれる物は自分で作って、できるだけ身体に良い物を食べたいと実践している方でした。だからこそ持病を抱えて歩行も困難なお父さんために健康を考えた食事をさせたい一心だったのです。

        在宅介護の現場でよりよい生活を送れるように鍼灸師やあん摩マッサージ指圧師ができることがあります。

        お気軽にお問い合わせください。

        ↓↓↓お問い合わせはこちらから